• 2017.11.11
  • 男性のセックス観や「セックスへ求めるもの」は、どう変化していくのか? はコメントを受け付けていません。

男性のセックス観や「セックスへ求めるもの」は、どう変化していくのか?

今回は、前回のGIVE型TAKE型の記事の続きのような内容になります。

男性のセックス観、セックスに求めるものが、どのように変化していくか、というお話です。

 

ご質問を頂いているのでまずはご紹介致しますが、
一応プライバシーに配慮して一部改変したり若干省略したりしていますが、
今回のご質問は省略すると意味が伝わりづらくなりますので、
長いですがほぼ頂いたまま掲載したいと思います。

 

はじめまして。
いつも楽しく且つ真剣にブログやメルマガを拝見しています。
毎回大変為になる記事をありがとうございます。

今日は相談というか、質問がございましてメールさせていただきました。
大変長文になりますが、お付き合いいただけましたら幸いです。

私は結婚○年目、子持ちの○歳主婦でして、夫とはほぼセックスレスです。
私自身はしたい方なので、この状況が辛く一時期かなり悩んでおりました。

とは言え、今回はレス解消のご相談ではありません。
主人に何度か断られるうちにすっかり心が折れてしまい、悩んだ末にセフレを持ったため、現在は性生活が充実しているからです。
こちらのブログでたくさん学ばせていただいているお陰で、セフレとはお互い大満足の関係で、いつも最高に気持ちいいセックスができています。
重ね重ね、本当にありがとうございます。

そんな前提でのご質問です。
今回伺いたいのは、男性の「セックスに対して求めるもの」がどのようなきっかけやタイミングで変遷していくのか、ということです。

主人は私以外に経験がなく、セックスの内容が大変稚拙です。
とりあえず最初に全部服を脱ぎ、適当にキスをして、いきなり胸を触り、私からの愛撫やフェラは楽しむ割にこちらをロクに慣らしもせず、「もう濡れてそうだから入れていい?」とかなり乱暴な運びなのです。
しかも終始ヘラヘラしていて、雰囲気も何もあったものではありません。
私もセフレと関係を持つまでは、無知でそれが自分の中での唯一のセックスだったため、まぁこんなものかなと思っていたのですが、セフレとのGIVE&TAKEの本当のセックスの気持ちよさを知った今、主人のセックスに疑問を感じるようになりました。
セフレは心を込めて与えてくれるタイプのため、こちらも自分から何でもしてあげたい、一緒に気持ちよくなりたいと自然と思えます。
セックス中、主人とは目も合いませんが、セフレは本当によく私のことを見ています。

先日の記事でGIVE型・TAKE型のお話がありましたよね。主人の場合はTAKE型寄りなのは間違いないですが、経験が浅かったり不勉強だったり、性格的に潔癖だったりで、単純にTAKE型なだけとも言えず、それ以前の問題なのかなと思いました。
今さら彼に変わってもらおうという気は全くありません。
ただ、男性だって誰しも最初は童貞で、そこから経験を積んで腕を上げていきますよね。
以前の記事で、男性がセックスに求めるものは年齢と共に変わってくるとありましたが、具体的にどんなきっかけやタイミングで変わるものなんでしょうか?
パートナーを気持ちよくさせたい、感じているところを見たい、とみんな思うようになるものですか?
例えば、女性の扱いについて教えてくれる年上の女性とのお付き合いがあったり、よっぽど献身的な人でない限り、そんな境地に至れないのでは?と純粋に疑問に思った次第です。

ただ私自身、出産や30歳という節目を迎えたとき、自分に自信をつけるためにセックスについて学びたいなと思った経緯があります。
人によって違う、というのは重々承知の上ですが、男性にもそういった心境の変化が生まれるわかりやすいきっかけがあるようでしたら、一般論でも一例でも構いませんので、是非教えてください。

長文、大変失礼いたしました。

 

これは、非常に難しいご質問ですね(笑)

あくまでも、「個人的に僕はこう思います」っていう、
個人的な意見としてお答えさせて頂こうと思います。

 

まず、「パートナーを気持ちよくさせたい、感じているところを見たい、とみんな思うようになるものですか?」
という点についてですが、僕はそう思うようになってくる男性が多いと思っていますが、
必ずしもみんながそう思うようになるとは限りません。
事実、歳を重ねようが経験を積もうが、そういう気持ちを抱くようにならない男性もいます。

 

GIVE、TAKEの話を前回したので、ご質問でも触れられていますが、
GIVE型かTAKE型かがどこで決まるかって、まずは最初の「性の目覚め」のところで決まると思うんですね。

おっしゃる通り、最初は男性もみんな童貞ですし、
最初はみんなセックスのセの字も知らない、無垢な男の子です。

そこから思春期になると、性の目覚めが訪れます。
性の目覚めとは、子供がとる本能的な性的な行動のことではなく、
「セックスを意識し始める」「セックスに興味を持ち始める」意味での性の目覚めです。

大抵は、友達からの伝聞とか、テレビや雑誌、今ならネットの影響とかがきっかけで
セックスを知り、セックスに興味を持ち始めると思います。

そのセックスへの興味の持ち初めの段階で、ある程度GIVE型かTAKE型かの傾向が出来る始めると思うんですね。

 

セックスに興味を持つと言っても、2つの方向性があると思うんです。

一つは、女性の裸を見てみたいとか、女性のおっぱいを揉んでみたいとか、
女性のアソコを見たい触りたいとか、女性の喘ぎ声を聞いてみたいとか、
自分が女性に対して「何かエッチなことをしてみたい」ということに強い興味を持つタイプ。
これは、GIVE型ですね。

もう一方では、女性にフェラしてもらったらどんな気持ちよさなんだろう?とか、
女性に挿入するってどんな気持ちよさなんだろう?みたいな、
セックスってどんなに気持ちいいんだろう?ということに強い興味を持つタイプ。
これは、TAKE型です。

もちろん、男性は性の目覚めでどちらにも興味を持つものですが、
どちらかの方に興味の強さが偏る傾向があるのです。

 

簡単に言ってしまえば、友達と下ネタとかを話していて、
「おっぱい揉んでみてえ!」「ま○こ舐めてみてえ!」と口にするのがGIVE型傾向、
「しゃぶられてえ!」「入れてみてえ!」と口にするのがTAKE型傾向と言えるでしょうか(笑)

ですから、童貞ながらにセックスに興味を持ち始めた段階で、
多少なりとも傾向が表れるものなんですね。

 

じゃあ、その傾向は何で決まるのかというと、
一つはその人がもともと持っていた性格です。

最初からGIVE型かTAKE型かの傾向を持っているのでしょう。
だから、セックスの情報が耳に入り始めた段階から、
自分が興味を持つ方向が偏っているものなのです。

 

もう一つは、入ってくる情報の偏りです。

例えば、友達の話からセックスに興味を持ち始めた場合、
その友達が、「女のおっぱいってめっちゃ柔らかいみたいだぜ」とか、
「女のアソコって凄いヌルヌルになるみたいだぜ」みたいな話を良く聞かされれば、
GIVE型の方に興味が偏っていくものです。

逆に、「フェラって凄い気持ちいいらしいぜ」とか、
「女のアソコって気持ちいいらしいぜ」みたいなことを多く聞かされれば、
TAKE型の方に興味が偏っていきます。

そんな感じで、もともとの性格、そして外部からの情報によって、
童貞の段階から性的な傾向は作られるのかなと思います。

これが第一段階ですね。

その後、この傾向はセックスを実際に経験するまでは継続します。
まあ、場合によっては、色々な情報を更に耳にすることで変わってくることもあるでしょうけど、
基本的にはセックスを経験するまでは変わらないでしょうね。
妄想の中で熟成されていくわけです。

 

そして、次の変化のタイミングは、大抵は初体験で訪れます。

それまでは妄想の中でセックスへの興味が育ってきているのですが、
実際にセックスを経験すると、妄想との違いだったり、
実際に経験したからこそ感じた興奮や得られた情報というのも当然出てくるんですね。

 

例えば、セックスの快感に興味を強く持っていたTAKE型の男性が、
実際にセックスを経験してみたら、自分の愛撫で女性が感じてくれることに嬉しさを感じたり、
女性のおっぱいやアソコの質感に感動したりして、女性を愛撫することへの喜びに目覚めたりします。
GIVEへの目覚めって感じですね。

もちろんその逆パターンもあって、
愛撫することへの興味が強かった人が、実際のセックスでフェラや挿入での気持ちよさに感動して、
もっとされたい、もっと色々な気持ちよさを体験してみたいと、TAKEへ目覚めることもあります。

どちらにしても、実際にセックスを経験してみると想像とは違ったものがあって、
そこからまた興味の方向性に変化が生まれていくわけです。

 

その後は、人との出会いや外部からの情報によって、性の傾向は変わっていきます。

新たに出会った女性によって新たな気付きや目覚めを得て性の傾向が変わっていくこともありますし、
AVなどのような外部からの情報によって変わっていくこともあります。

その繰り返しですね。
女性との出会いや外部からの情報によって性の傾向が紆余曲折していき、
そのうち成熟していくものなのです。

中には出会いを経ても外部の情報から刺激を得ても変わらない人もいます。
そこはその人の性格と言えるでしょうね。

 

大まかな流れとしては、こんな感じですね。

基本的には、男性の性の傾向は、外部からの刺激によって変わるものだと僕は思います。
女性と出会ってセックスする中で目覚めがあったり、AVやネットなどを見て目覚めがあったりと、
外部から刺激を受けることによって変わっていきます。

ご質問の中で、「出産や年齢を機にセックスを学ぼうと思った」というようなことが書かれていますが、
男性の性の傾向に関しては、そのような内的な要因で意識が変わるってことは少ない気がします。

外部からの何かしらのインパクト。
重ね重ねになりますが、女性との出会いやセックスを通じてや、外部からの情報の刺激、
それ以外では、例えば女性からガツンと「下手だ」と言われたとかといった
ショッキングな出来事で変わることが多いと思います。

ですから、男性に変わって欲しいと思ったら、
性に関しては待っていても変わることは期待できません。
外部からの刺激を与えてあげる必要があるからです。

 

そして、年齢によってセックスに求めることが変わる、という点ですが、これは確かにあります。

まず、童貞から経験の浅い時期は、「セックスをする」ということが目新しく、
セックスをすること自体に夢中になる時期です。

ですから、「セックスをする」ことを求める時期であり、
したいやりたいが一番の目的になる時期なんですね。

 

その後、経験を重ねていくうちに、セックスすること自体は、目新しくなくなります。
そうなると、セックスに求めることが、「する」ことからセックスのバリエーションに移ります。

つまり、「あんなこともしてみたいこんなこともしてみたい」と
セックスのバリエーションを色々経験することが欲求になっていきます。

 

そして、その時期を過ぎて、ある程度の大人の年齢になると、
それなりにセックスのバリエーションも経験して満たされるので、
今度はセックスの質を求めるようになるんですね。

一回一回のセックスを充実した、濃厚なものを求めるようになるのです。

 

それに、年齢を重ねれば重ねていくほど、
通常は今回お話したような性の傾向の変化のタイミングをたくさん経験しているものなので、
年齢の高い男性ほど性の傾向が確定しているものなんです。

性の傾向が紆余曲折するタイミングをそれなりに経て、
その上で自分のセックスの形はこれなんだというものが大人になると出来上がってくるので、
大人の男性になると、あれもこれもと興味の対象がフラフラすることなく、
自分の求めるセックスを満たすセックス、濃度の濃いセックスを求めるようになるのです。

ですから、それだけに、大人の男性のセックス観を変えるのは難しいんです。
色々経験した上で出来上がって確定したセックス観ですので、それを変えるのは難しいというわけです。

 

また、若い頃はセックスを何回もする体力があるので、
何度もしたい、一晩に何回もしたいという欲求に目が向きがちですが、
年を取れば体力も落ちるので、一晩に何回もできなくなってきます。

そうすると、一回一回のセックスが大事で、
だからこそ、一回辺りの充実、濃度を求めるようになるのです。

 

ご質問を拝見する限りでは、旦那様は経験が少ないとおっしゃっています。

ですから、セックスに求めるものが変化する機会の経験自体が少ないので、
もしかしたら第一段階のセックス観がまだ継続しているのかもしれませんね。

失礼ながら、「濡れているから入れていい?」というのは、
若い男性や経験の浅い男性が持ちがちな発想です。

ある程度経験があると、「濡れているから入れてOK」というのは
短絡的な考えだということに普通は気づくものですから。

セックス観が特に変わらないまま現在に至るのかな、と感じます。

 

 

以上が、大雑把ですが、男性のセックス観、男性がセックスに求めるものが変化する過程とタイミングです。

 

一応注釈ですが、今回のはあくまでも「性」「セックス」についての話です。
便宜上、「性格」という言葉を使って説明しましたが、
「性の傾向」と「通常の性格」とは全く一致しません。
そこは結びつけて考えず、全く別のものなのだと考えて下さい。

人間的に凄く成熟して魅力的な人でも、セックスは未熟な人もいます。
普段の性格はおとなしいのに、セックスでは暴力的になる人もいます。
普段は立派でキリッとしているのに、セックスでは凄く甘えん坊になる人もいます。

性の傾向と人格や性格は、全く別物なのです。

 

それから、今回のお話は、あくまでも僕の個人的な見解です。
ド素人である僕が、勝手にこうじゃないかな?と思っている感想を書いただけですので、
これが正解であると言うつもりはありません。
それに、実際には、今回説明した以上に、様々な要因が複雑に絡むと思いますしね。

ただ、僕は今回お話したように思っています。

こういった性の傾向や変遷などについては、
大学教授なりの様々な専門家が、様々な角度から真剣に研究しています。
人間の性については、様々な本も出版されていますね。

ですから、もし興味があるのなら、そのような専門書をご覧頂くのもいいかもしれませんね。

以上、シゲでした。

 


女性向けアダルトランキングはコチラ

問い合わせお気軽にメールください!
エッチに関して質問や聞きたいことがありましたら、下記ページからお気軽にメールください!

>> ご質問のメールはこちらから

無料メルマガでセックスの男の本音を公開

メールマガジン登録詳細ページ

今すぐメルマガに登録する方は、下記フォームからご登録をお願い致します!
※携帯アドレスまたはhotmailでご登録は、こちらのページの下段にある注意事項をご覧ください。

メールアドレス 

今ならオリジナル『手コキ動画』を無料プレゼント!

男を虜にするためのオススメ教材!

フェラ、手コキ、体位、キスetc セックステクニックをまるっと学びたいならコレ!

百合川さらHow To Sex 大全集

フェラは大事ですが、それ以外にも女性にできるテクニックは色々あります。フェラ、手コキ、挿入時の体位や技、キスetcそれらをまるっと学べる教材がこれ!セックスをトータルで学びたい方にはこれが一番オススメ!!あと僕のお付けしている特典も是非見て欲しい!特典内でしか教えていないマル秘テクです。

>> 詳細はこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

女性にオススメのセックス教材1

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法

フェラ上手になりたいならコレ!

H上手になるためにはまずはフェラチオ上手になるべき!フェラテクを磨くためにはこれがNo.1教材!

>> 詳細はこちらをクリック

女性にオススメのセックス教材2

大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集

セックステクを全部学びたいならコレ!

キスから手コキ、フェラ、挿入まで、セックスを総合的に学べる!だけでなく、一つ一つにエロさをプラスした上質なテクニックが学べる教材!僕の特典ではこの特典でしか学べないテクニックも教えています!

>> 詳細はこちらをクリック

女性誌ananでも紹介!

Hを磨く48の方法

ananでも紹介された, 女性のための
How To Sex DVD

当サイトの特集コンテンツ

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法
大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集
Lclove cosmetic How to sex dvd
女性のためのオナニー講座
オススメラブグッズ特集
愛されラブボディ特集

セックスのためのボディメイク

セクトレ

もっと感じやすく!もっと騎乗位で動けるように!もっとエッチな体つきに!エッチで魅力的な体になるためのセックストレーニングDVD『セクトレ』

>> 詳細はこちらをクリック

ananやCLASSYでも話題のバストアップDVD

バストアップラボ

美しくて大きな胸は女性の最大のセックスアピール!
ananやCLASSYでも紹介されたバストアップエクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

ananでも紹介!話題の美脚エクササイズ

スリムレッグラボ

細くて美しい美脚を手に入れたいあなたへ!
ananでも話題の美脚エクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

大人気!1日5分の簡単ダイエット!

バボディスタ

ananやminaでも紹介された、リンパシリーズDVD第三弾!自宅で5分の簡単ダイエット!

>> 詳細はこちらをクリック

メールお待ちしています!

メールフォーム

質問疑問、聞きたいことがありましたら、こちらのメールフォームからお気軽にメール下さい!

ページ上部へ戻る