よく締まる?気持ちいい騎乗位「抱きつき騎乗位(本茶臼)」はなぜ気持ちいいか?

前回は、濡れすぎの時の膣の締まりについて書きましたけど、
今回も引き続き膣の締まりの話題です。

やっぱり女性としては、膣の締まりって気になる部分なのでしょうね。

 

前回の記事はこちら

「濡れ過ぎは気持ちよくない?」女性が濡れすぎるのは良くないことなのか?

 

体位によっても締まり具合が変わるということは、
前回の記事の方でも書きました。

体位や体勢によっても、締り具合って結構違って感じるものなのです。

 

それでは、どのような体位が締まりが良く感じるのか?

今回は、騎乗位の中から、
「抱きつき騎乗位」というのを紹介します。

というのも、一つご質問を頂いたからです。

 

まずは、そのご質問を紹介します。

いつも参考にさせて頂いています。

大好きな彼とセックスをしてから、自分の身体を今まで以上に大切に思えるようになり、セクトレをしたり、オイルマッサージをしたりして、セックスには愛情を感じるだけじゃなく、本当に色々な大切な意味があると感じています。

大好きな彼とは相性がとても良く、お互いに包み隠さずだせて、毎回何度もイク事が出来ています。

このブログやメルマガを参考にさせて頂いているお陰です。
セクトレのお陰で膣圧はすごいです(笑)

最初と最後は正常位で、合間に他の体位を挟みますが、騎乗位で私が彼に覆い被さって、ずっとキスをしながらお尻を上下に動かすのが最近好きです。

グラインドも好きですが、お尻を上下に動かすと彼が気持ち良さそうで、ついしたくなります。

彼は『締まる・・・』と言います。

その『締まる』感覚がどんな感じなのか是非知りたいです。

難しい質問で申し訳ありません。

これからも無理せず、ブログ更新頑張って下さい。

楽しみにしてます。

 

ということで、締まりに関するご質問です。

まずは、膣トレによる締りに関しては、
ちょっと割愛させていただこうと思います。

 

なぜかというと、
膣トレによってどれくらい締まり具合が変わったのか、
膣トレによってどれくらい締まり具合が変わるのかって、
個人差があるのでなんとも言いづらいんですね。

実際、膣トレの効果ってあるとは思います。

ただ、どれくらい変わったのかに関しては、
それこそ前後の変化を体験した人でしかわからないことですので、
それについてはちょっとお答えがしづらい部分なんですね。

ですので、ここでは、
ご質問の中にある「騎乗位」という体位についてお話したいと思います。

 

騎乗位の中でも締まりを感じる「抱きつき騎乗位」

騎乗位といっても、そのバリエーションはいくつかあります。

騎乗位のバリエーションについて代表的なものをまとめてある記事があるので、
そちらの方をざっと見てみてください。

騎乗位の種類、知ってる?脱マンネリ&床上手になるやり方12パターン

 

12パターンとありますけど、これが全てではないと思います。
まあ、バリエーションなんて、ちょっと変えれば際限なく作れそうですしね。

 

ご質問の中にある、
「騎乗位で私が彼に覆い被さって、ずっとキスをしながらお尻を上下に動かす」
というのは、先程の記事の中の「2,本茶臼(彼に倒れ込む)」になるかと思います。

 

2,本茶臼(彼に倒れ込む)

茶臼って何よ・・・?
初めて聞いたわ(笑)

 

まあ、これに関しては僕が無知だったのかもしれませんが、
ただ騎乗位で「茶臼」って聞いて、ピンとくる女性は少ないのではないでしょうか。

ですので、ここでは、彼に抱きつく体勢なので、
「抱きつき騎乗位」と呼ぶようにします。

記事の中に、「4.騎乗位+四つん這い」というのもありますが、
これも同じような種類の騎乗位ですね。

 

 

この抱きつき騎乗位ですが、
騎乗位の中でも締まりを強く感じる騎乗位です。

騎乗位って、基本的には女性が動く体位ですので、
女性のテクニックが問われる体位と言えます。

それだけに、女性のテクニックによって、気持ちよさも変わってくるわけですね。

 

その中で、比較的やりやすくて、
動きとしても女性が負担を感じにくくて、
そのうえで男性も締まりを感じて気持ちよくなりやすい騎乗位が、
抱きつき騎乗位だと思います。

オーソドックスな騎乗位の中でも結構オススメですね。

 

ビジュアル面では、
男性に覆いかぶさるような体勢になるため、
男性の視界が遮られてしまいます。

そのため、女性の体とか、女性の腰使いが見えないので、
ビジュアル面でのエロさは感じることはできません。

ただ、気持ちいいですし、
キスしたり首筋を舐めたりといったプラスαの愛撫もしやすいですので、
個人的には好きな体位ではありますね。

 

では、なぜこの騎乗位が締りを感じるのか?

ってことについて話していきましょう!

 

抱きつき騎乗位が締りを感じる理由

締りというと、どういうイメージを持つでしょうか?

一つは、膣自体がキュッとすぼまるイメージではないかと思います。

 

膣のサイズ自体がキュッと縮まることによって、
ペニスがギュッと締め付けられる。
そんなイメージがあるかと思います。

もちろんこれも「締まる」の一つです。

膣トレで締りが変わったっていう場合は、
これに該当するのではないかと思います。

 

でも、そればかりが締まりではないんですね。

厳密に言えば、「締まっていると感じる」理由のもう一つは、
ペニスにかかる圧の力の強さです。

どちらにしても、男性が「締りが良い」と感じる時は、
ペニスが膣で強くこすられる感覚がある時に感じます。

 

 

じゃあ、抱きつき騎乗位がなぜ締りを感じるのかというと、
2つ目の理由の、ペニスにかかる圧を強く感じるからなんですね。

その要因は、膣(膣口)の角度によるのではないかと思います。

 

通常の騎乗位の場合は、
ペニスと膣の向きはこんな感じになります。

瓶が膣だと思ってください。

ちなみに、この写真での説明は、
わかりやすいように極端にしているので、その点はご注意くださいね。

あと写真は全部、右が男性の頭側になります。

 

通常の騎乗位では、膣に向かって真っ直ぐ挿入するイメージです。
この状態で上下に出し入れするのが、上下動の騎乗位ですね。

 

じゃあ、抱きつき騎乗位はどうかというと、
こういう挿入角度の向きになるわけです。

 

写真ではわかりやすいように、ちょっと大袈裟に角度をつけていますので、
実際の挿入角度はここまで極端に横向きではないと思います。

ただ、こんな感じに、
女性が覆いかぶさるように前かがみになっているので、
通常の騎乗位よりもペニスに対して膣(膣口)が横向きになるイメージですね。

そこにペニスが挿入される状態になります。

 

もうこの状態だけでペニスに圧が加わっているんですね。
写真では極端にしていまるので、実際はここまで捻じ曲げられているわけではないのですが、
膣によってぐにっと曲げられるような挿入になるんですね。

写真の中にある矢印は、「ここに圧力がかかります」という矢印です。

通常とは違って、膣口に対して斜めに挿入する感じになるので、
膣口あたりでグッと締め付けられるような感覚になるのです。

 

そして、この状態で上下に動くわけです。

 

この状態で上下に動くということは、
ペニスがしなった状態で出し入れされることになるわけですね。
写真のように、膣口でペニスがゾリゾリっとこすりあげられるようになります。

しかも、膣壁で裏筋もこすられるような刺激になるので、
結構男性にとっては気持ちいい騎乗位になるのです。

 

ペニスに強く圧がかかって強くこすられれば男性は気持ちよく感じます。
男性からすると、ペニスが膣で締め付けられているかのように感じるんですね。

そういう時に男性は、「締まる」って言葉を使います。

だから、抱きつき騎乗位で締まると感じるのも、
抱きつき騎乗位だとペニスが圧で強くこすられるので、
男性からすると膣が締まっているように感じるからなのです。

 

ちょっとだけ、抱きつき騎乗位の注意点

確かにこの「抱きつき騎乗位」は気持ちいいのですが、
ちょっとだけ注意点があります。

この騎乗位って、ペニスが抜けやすいんですね。

 

普通の騎乗位とは違って抱きつくように覆いかぶさるため、
あまりペニスが深く挿入されません。
普通の騎乗位と比べると、やや浅めなんです。

その状態で腰を上下するわけですから、結構抜けてしまうことが多いんです。

 

ただ、抜けてしまうだけであれば問題はありません。
また挿入し直せばいいだけですから。

問題なのは、中途半端に抜けた時なんですね。

完全に抜けてしまえばいいのですが、中途半端な抜け状態だと、
腰を上下した時にペニスをグニッと曲げてしまうことがあるんです。

うまく膣内にスポスポと出し入れされなくて、
膣口とかお尻とかでペニスをグニッ曲げてしまう。

時にヒートアップしてくると、腰の上下も激しくなると思うんです。
そういう時にペニスが抜けてしまうと、勢いでグニッといってしまい、ちょっと痛い。

 

まあ、グニッと曲げるといっても、別に大怪我するわけでもないし、
痛いといっても激痛ってほどではないので、そこまで怖がることはありませんが。

一応頭にだけ入れておいて頂ければと思います。

 

多分、どうやったら抜けないかとか、
ペニスを曲げないように気をつけるかって、
結構慣れとか女性の感覚だとかに頼るしかないと思うんですね。

ですので、そこは感覚を掴んでくださいとしか言いようがないのですが、
抜けるってことをちょっとだけ意識するだけでも違うと思います。

 

こんなことを言うと、ちょっと怖がっちゃう方もいるかもしれませんが、
とはいえ、さっきも言いましたけど、そこまで怖がる必要はないですからね。

仮に抜けてグニッといっちゃったとしても、
別にそこまで大惨事になるわけではありませんから。

一応そういう注意点があるんだってことだけ
頭の片隅に置いて頂ければと思います。

 

 

以上、「抱きつき騎乗位」と締りについての話でした。

抱きつき騎乗位は、確かに気持ちいい騎乗位です。
僕も好きですし、多分好きな男性も多いと思います。

 

ただ、いくら気持ちいい騎乗位だからといって、
さすがにそればかりやっていればいいかというとそういうわけではありません。

やっぱり違う姿も見たいし、違う体位も楽しみたいですからね!

ですので、上手に抱きつき騎乗位を取り入れながら、
色々な騎乗位で男性を攻めてあげてください。

 

以上、シゲでした。

 


女性向けアダルトランキングはコチラ

問い合わせお気軽にメールください!
エッチに関して質問や聞きたいことがありましたら、下記ページからお気軽にメールください!

>> ご質問のメールはこちらから

無料メルマガでセックスの男の本音を公開

メールマガジン登録詳細ページ

今すぐメルマガに登録する方は、下記フォームからご登録をお願い致します!
※携帯アドレスまたはhotmailでご登録は、こちらのページの下段にある注意事項をご覧ください。

メールアドレス 

今ならオリジナル『手コキ動画』を無料プレゼント!

男を虜にするためのオススメ教材!

フェラ、手コキ、体位、キスetc セックステクニックをまるっと学びたいならコレ!

百合川さらHow To Sex 大全集

フェラは大事ですが、それ以外にも女性にできるテクニックは色々あります。フェラ、手コキ、挿入時の体位や技、キスetcそれらをまるっと学べる教材がこれ!セックスをトータルで学びたい方にはこれが一番オススメ!!あと僕のお付けしている特典も是非見て欲しい!特典内でしか教えていないマル秘テクです。

>> 詳細はこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

女性にオススメのセックス教材1

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法

フェラ上手になりたいならコレ!

H上手になるためにはまずはフェラチオ上手になるべき!フェラテクを磨くためにはこれがNo.1教材!

>> 詳細はこちらをクリック

女性にオススメのセックス教材2

大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集

セックステクを全部学びたいならコレ!

キスから手コキ、フェラ、挿入まで、セックスを総合的に学べる!だけでなく、一つ一つにエロさをプラスした上質なテクニックが学べる教材!僕の特典ではこの特典でしか学べないテクニックも教えています!

>> 詳細はこちらをクリック

パートナー探しに!

パートナー探しにこんなサイトを使ってみては?
僕が実際に使ったことがあるサイトです。

>> 『ラブサーチ』を詳しく紹介した記事はコチラ!

女性誌ananでも紹介!

Hを磨く48の方法

ananでも紹介された, 女性のための
How To Sex DVD

当サイトの特集コンテンツ

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法
大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集
Lclove cosmetic How to sex dvd
女性のためのオナニー講座
オススメラブグッズ特集
愛されラブボディ特集

セックスのためのボディメイク

セクトレ

もっと感じやすく!もっと騎乗位で動けるように!もっとエッチな体つきに!エッチで魅力的な体になるためのセックストレーニングDVD『セクトレ』

>> 詳細はこちらをクリック

ananやCLASSYでも話題のバストアップDVD

バストアップラボ

美しくて大きな胸は女性の最大のセックスアピール!
ananやCLASSYでも紹介されたバストアップエクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

ananでも紹介!話題の美脚エクササイズ

スリムレッグラボ

細くて美しい美脚を手に入れたいあなたへ!
ananでも話題の美脚エクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

大人気!1日5分の簡単ダイエット!

バボディスタ

ananやminaでも紹介された、リンパシリーズDVD第三弾!自宅で5分の簡単ダイエット!

>> 詳細はこちらをクリック

メールお待ちしています!

メールフォーム

質問疑問、聞きたいことがありましたら、こちらのメールフォームからお気軽にメール下さい!

ページ上部へ戻る