パイズリをする時の4つのコツ

前回はパイズリについての基礎知識的なことを書いたので、
今回はパイズリのコツについて書いてみようと思います。

前回の記事を読んでいない方は、
是非そちらにも目を通してみてください。

前回の記事はこちら

 

パイズリのコツといっても、
僕自身は男ですので、当然自分でパイズリをしたことはありません(笑)
だから、実際にやる側としてはもっと違ったコツがあるのかもしれません。

あくまでも”してもらう側”の立場で、
こうしたらいいんじゃない?ってことを書いてみますね。

 

唾液をたっぷりと使う

まずパイズリをする上では、唾液は絶対に必要です。

パイズリというのは、ペニスを女性の胸で挟んで扱く行為です。
どちらも粘液を持っていない肌と肌がこすれあうので、
ヌルヌルが足りないんですね。

ですから、自らヌルヌルを足さなくてはならないわけです。

 

そこで唾液をたっぷりと使うことが必要になってきます。
フェラで濡らした後にパイズリをしてもいいですし、
唾液をそのまま垂らしてもいいと思います。

もしくはローションを使ってもいいと思います。

ただ、ローションを使う時は、量に注意してくださいね。
あまりにもローションを垂らしすぎてしまうとヌルヌルが強すぎて、
挟もうとしてもペニスがヌルっと逃げてしまって挟みづらくなりますから。

意外とローションで少量でも十分なヌルヌルがあります。
ですから、ローションを使う場合は、少し少ないかもと思うくらいが
丁度いいと思います。

 

何れにしろ、とにかくヌルヌルはたっぷりと使うことです。
これがないと、パイズリの快感は、数段下がってしまいますからね!

 

胸で包み込むように挟む

パイズリをするには男性のペニスを胸で挟むわけですが、
どうしても両胸でガッチリと挟まないとと思いがちじゃないですか?

しっかりと挟んでしっかりとしごかないとと思うので、
どうしても上手くできないという人が多いみたいです。

でも、そこまでガッチリと挟まなくてもいいと思います。

胸で包み込むように、軽く挟むだけでも十分だと思います。

 

前回も話しましたが、パイズリは雰囲気ものです。
しっかりと快感を与えてあげるというよりも、
パイズリという行為の興奮を楽しむのがメインです。

ですから、そこまで挟み方に気を使う必要はなくて、
むしろ谷間に押し付ける程度でも十分だと思います。

 

指を使って上手く谷間に押し込む

とは言え、胸で挟むにしてもなかなか上手く挟めませんよね?
意外とヌルヌルが適度だとしても、ペニスが逃げてしまうことが多いと思うんです。

胸で挟むというと、どうしても両方の胸だけで挟もうとしがちです。
でも、胸だけで挟もうとしてもなかなか上手くいかないんです。

 

そこでポイントとしては、指を使ってペニスを胸に押しこむことです。

文字でやり方を伝えるのは難しのですが、
胸で挟むときには親指で胸を両サイドから抑えるようにして
ペニスを挟みます。

親指だけで胸を脇から抑えると、中指や人差し指が空きますよね?
その中指や人差し指を使って、ペニスを胸の立待に押しこむようにします。

そうすればペニスが逃げることなく、
胸の谷間に収めることができると思います。

 

もしくは胸を手のひらで両サイドから抑えて、
指で谷間を蓋するようにしてもいいかもしれませんね。

どちらにしても、胸だけでペニスをガッチリ挟みこむというのは、
余程胸が大きくない限り難しいと思いますので、
指を上手く使ってペニスを抑えこむようにしてくださいね。

 

イカせようとしない

そして、挟む体勢が固定できたらしごき始めるわけですが、
この時無理にイカせようとしなくてもいいと思います。

パイズリの目的はイクことではありません。

ですから、ちゃんとしごいて気持ち良くさせて
イカせてあげようと思わなくてもいいと思います。

挟んだ状態でヌルヌルを利用して胸の谷間で滑らせる、
ただそれをしているだけで十分なんです。

 

ポイントとしては、胸の谷間で亀頭を擦ってあげるといいかもしれませんね。
やっぱりペニスの中で一番感じるのが亀頭部分ですので、
そこを刺激してあげるのが一番気持ちいいと思います。

だからこそ、ヌルヌルは絶対に必要ですね!

あとはあなたの胸の柔らかさをペニスに感じさせてあげる、
それだけで十分男性はパイズリを堪能できると思います。

 

イカせようイカせようと思うと、
どうしてもちゃんとしごかなきゃと思ってしまうと思いますが、
パイズリではイクような快感を与えようとしなくてもいいです。

あくまでもパイズリは雰囲気もの。
パイズリをするということに意義があるのですから!

パイズリでイキたいという要求をされたら断りましょう!
そんなワガママは聞かなくていいです(笑)

 

 

あとは胸でペニスを挟みながら、
届くのならばペニスを先を舐めてあげたりすると、
男性は喜ぶと思います。

とにかくパイズリというのは、男性の自己満足です。
パイズリをしてもらったということ、
そのことに満足すると言ってもいいと思います。

 

もちろんやり方次第で気持ちよさは変わってくる部分はあると思います。

でも、そこまで頑張ってテクニックを磨くようなプレイではないかな
と個人的には感じますね。

僕自身もパイズリは嫌いではないですが、
パイズリでイキたいとまでは思いませんし、
パイズリで極上の快感が得られるかもとまでは望みません。

あくまでもセックスでの興奮を高めるための演出であり、
セックスをより刺激的なものにするためのスパイスなんです。

個人的には、その分フェラでたっぷりと気持ち良くしてくれた方が
何倍も嬉しいかなというのが本音ですね!

 

ただ、大きな胸でパイズリをしてもらうというのは、
男性の憧れであることは確かです!

ですから、上記のコツを参考にして、
パイズリを経験させてあげると喜ぶと思いますよ。

あくまでも気持ち良くさせるというよりは、
経験させてあげることで喜ばせるって感じですね。

パイズリは、やることに意義がある、ですから(笑)

以上、シゲでした。

 


女性向けアダルトランキングはコチラ

問い合わせお気軽にメールください!
エッチに関して質問や聞きたいことがありましたら、下記ページからお気軽にメールください!

>> ご質問のメールはこちらから

無料メルマガでセックスの男の本音を公開

メールマガジン登録詳細ページ

今すぐメルマガに登録する方は、下記フォームからご登録をお願い致します!
※携帯アドレスまたはhotmailでご登録は、こちらのページの下段にある注意事項をご覧ください。

メールアドレス 

今ならオリジナル『手コキ動画』を無料プレゼント!

男を虜にするためのオススメ教材!

男を虜にする体になりたいなら、「セクトレ」はやっておくべき!

セックスのための筋トレ&ストレッチ 『Dr.セク虎のセクトレ』

男が「エッチしたい!」とムラムラする女性らしい体つき。上手なエッチができる体。男性を気持よくさせてしまう体。自分もイキやすく感じやすくなる体、名器と呼ばれる膣。どんな体位の動きも出来る体と絶妙なフェラができる口の筋肉。

つまり、エロい体、エッチな体を作るエクササイズDVD

当サイトでも推薦の全ての女性に手に入れて欲しいDVDです!

>> 詳細はこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

女性にオススメのセックス教材1

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法

フェラ上手になりたいならコレ!

H上手になるためにはまずはフェラチオ上手になるべき!フェラテクを磨くためにはこれがNo.1教材!

>> 詳細はこちらをクリック

女性にオススメのセックス教材2

大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集

セックステクを全部学びたいならコレ!

キスから手コキ、フェラ、挿入まで、セックスを総合的に学べる!だけでなく、一つ一つにエロさをプラスした上質なテクニックが学べる教材!僕の特典ではこの特典でしか学べないテクニックも教えています!

>> 詳細はこちらをクリック

女性誌ananでも紹介!

Hを磨く48の方法

ananでも紹介された, 女性のための
How To Sex DVD

当サイトの特集コンテンツ

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法
大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集
Lclove cosmetic How to sex dvd
女性のためのオナニー講座
オススメラブグッズ特集
愛されラブボディ特集

セックスのためのボディメイク

セクトレ

もっと感じやすく!もっと騎乗位で動けるように!もっとエッチな体つきに!エッチで魅力的な体になるためのセックストレーニングDVD『セクトレ』

>> 詳細はこちらをクリック

ananやCLASSYでも話題のバストアップDVD

バストアップラボ

美しくて大きな胸は女性の最大のセックスアピール!
ananやCLASSYでも紹介されたバストアップエクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

ananでも紹介!話題の美脚エクササイズ

スリムレッグラボ

細くて美しい美脚を手に入れたいあなたへ!
ananでも話題の美脚エクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

大人気!1日5分の簡単ダイエット!

バボディスタ

ananやminaでも紹介された、リンパシリーズDVD第三弾!自宅で5分の簡単ダイエット!

>> 詳細はこちらをクリック

メールお待ちしています!

メールフォーム

質問疑問、聞きたいことがありましたら、こちらのメールフォームからお気軽にメール下さい!

ページ上部へ戻る