• 2022.6.19
  • 騎乗位が苦手な女性へ!騎乗位が好きになるために、苦手意識を払拭するために必要なこと はコメントを受け付けていません

騎乗位が苦手な女性へ!騎乗位が好きになるために、苦手意識を払拭するために必要なこと

女性とセックスについて話をしていると、

「騎乗位が上手くできない」
「騎乗位がどうやったらいいかわからない」
「騎乗位が苦手」

こういう声を結構な確率で耳にします。

 

騎乗位が嫌いなわけでもない。
むしろ騎乗位は好きな方だ。

でも、騎乗位に対して苦手意識がある。

そういう女性って少なくないんですよね。

 

騎乗位は基本的に、女性主動で行う体位です。
男性が下から突き上げるパターンもありますが、
一般的には騎乗位は女性が自ら動く体位だという認識があるでしょう。

だからこそ、上手にできないと、苦手意識が芽生えてしまうんだろうなと思います。

 

相手のためばかりを思ってしまっている

騎乗位に苦手意識がある女性に共通しているのが、
「相手のためばかりを思ってしまっている」という点です。

 

上手くやろう。
上手に動こう。
男性に気持ちよくなってもらおう。

そういう気持ちが強いのです。

 

騎乗位で男性に気持ちよくなってもらいたい、喜んでもらいたい。

そのために、どうやったら上手に動けるだろうか?
どう動いたら気持ちよくなってもらえるだろうか?

そのような、奉仕的な気持ちが強いんですよね。

 

それ自体は決して悪いことではありません。
むしろ、男性からすれば喜びこの上ない気持ちでもあります。

ただ、思い通りに腰を動かして、男性を喘がせるくらいに感じさせる騎乗位ができる人ってそうそういるわけではありません。

それなりに経験を積んでくれば可能ではありますけど、決して簡単なことではないとは思うんですね。

で、思った通りに動けないことで、
「上手くできないなぁ」「喜んでもらえてるかなぁ」という不安が膨らんでしまって、
その結果、騎乗位に対して苦手意識が芽生えてしまうという方も多いのです。

 

このブログでも、騎乗位のやり方や上手な騎乗位をするためのコツを何度か解説してきましたが、
それを見てすぐにできるようになるかというとそうではないと思うんですね。

何しろ、騎乗位に関しては、フェラとか手コキとは違って体全体を使って行う行為ですから、
その分難易度も高めですし、自由が効きにくい行為なんですよね。

スポーツのように、「体で覚える」という要素もゼロではない。

ですから、余計に「上手くできない」という気持ちになりやすいのです。

 

体力や筋力が足りていない

あとは、根本的に、体力や筋力が足りていないというケースもあります。

騎乗位って、女性が自ら動く体位ですから、それなりに体力や筋力がいります。

 

特に上下に動く、いわゆる「杭打ち」と呼ばれる騎乗位。

杭打ち騎乗位は、膝を立てて上下にスクワットのように動くやり方と、
男性に覆いかぶさるようにしてお尻だけを上下させるやり方とあるのですが、
前者のスクワットのような動きをする杭打ち騎乗位は、かなり体力や筋力が必要です。

しかも、単純にスクワットをするだけならまだしも、
騎乗位の場合は、ペニスが抜けないように微調整しながら上下に動く必要があるので、
気を遣う分だけ余計に体力や筋力を消耗するんですよね。

体力や筋力が少ない女性だと、かなり疲れてしまうと思いますし、
当然疲れれば疲れるほど上手に動けなくなってくるものです。

結果、「しんどい」というイメージだけが残ってしまって、
騎乗位に対する苦手意識に繋がってしまうのではないかと思います。

 

やっぱり、「騎乗位はきつい」「騎乗位は疲れる」っていう声は多いんですよね。

体力的にしんどくてあんまりやりたくないって女性も多いのかなと思います。

ただ、体力面に関しては、仕方がない部分でもあるんですよね。

男性も腰をガンガン動かすのって、結構疲れたりしますし、疲れてくると上手くピストンできなかったりするので。

そこは自分で鍛えるか、もしくはできるだけ体力を使わないやり方を模索することが必要ではありますね。

 

自分がどうやったら気持ちよくなれるかを知らない

僕は個人的にはこれがポイントだと思っていて、
実は「騎乗位でどうやったら自分が気持ちよくなれるか」を知らない女性が意外と多いんですね。

騎乗位でどう動いたら自分が気持ちよくなれるか、
どういう刺激をしたら自分が気持ちよくなれるかを知らない。

そもそも自分が気持ちよくなろうと思って騎乗位をやっていない女性も少なくないんです。

 

前述したように、
男性に気持ちよくなってもらうため、男性に喜んでもらうため、
そういう意識で騎乗位をしている女性が多い。

だから、どうやったら男性に喜んでもらえるだろうかって考えてしまうわけですね。

 

でも、セックスって、相手を喜ばせることも大事ですけど、
自分も楽しむことが何より大事だと思うんですね。

それは決してわがままとかではなく、
自分自身も楽しむということはセックスにおいてとても大切なこと。

ただ、どうやったら騎乗位で自分が気持ちよくなれるのか?
それを知らない女性が結構多いのです。

 

まずは自分がどうやったら気持ちよくなれるかを知ろう!

ということで、まずは自分がどうやったら騎乗位で気持ちよくなれるかを知ってください。

意外と女性は、自分の体のことを知らない方も少なくないんですね。
どうやったら自分が気持ちよくなれるのか?自分はどこをどうやったら感じるのか?
それを自分でわかっていない方も少なくないのです。

 

これは騎乗位においても言えることで、
男性がどうやったら喜ぶかばかりを気にしてしまって、
肝心な「自分は騎乗位でどうやったら気持ちよくなれるのか?」を知らない女性もいるのです。

ですので、まずは自分がどうやったら騎乗位で気持ちよくなれるのかを探ってみてください。

 

多くの場合は、騎乗位でクリをこするようにするのが気持ちいいという女性が多いですが、
クリをこするといってもこする強さや加減の好みは人によって違いますし、
どういうこすり方が自分にとって気持ちいいのかも人によって違うものです。

だから、自分の好みを探ってほしいのです。

つまり、男性を喜ばせることを一度頭から追い出して、
まずは自分がどうやったら騎乗位で気持ちよくなれるのかを見つけてみてください。

 

自分が気持ちよくなれるやり方が見つかれば、
きっと騎乗位をすること自体も楽しくなってくるはずです。

そして、騎乗位を楽しそうにしている姿を見た男性は、それだけで嬉しいし興奮することができるのです。

そう!あなたが騎乗位で気持ちよくなるってことは、結果的に男性を喜ばせることにつながってくるのです。

 

男性だって、女性が楽しそうに、気持ちよさそうにセックスをしている姿を見ると嬉しいものなんですね。
女性が感じている姿を見るだけで、幸せな気持ちになることができるのです。

しかし、多くの女性は、男性を喜ばせることを騎乗位のミッションとして考えてしまうので、
自分が楽しむことをおろそかにしてしまいがちです。

それは、男性に対する思いやりや愛情からくる行動ではあるのですが、
皮肉なことに騎乗位に対する苦手意識につながってしまうことにもなりかねません。

 

であれば、まずは自分が楽しむこと、自分が気持ちよくなることに集中してほしいのです!

そして、そのためには、とにかく自分がどうやったら騎乗位で気持ちよくなれるかを知ってほしいのです。

 

あなたが騎乗位で気持ちよくなれれば、騎乗位をするのが楽しくなりますし、
あなたが騎乗位で感じていたり楽しんでいれば、それを見た男性も嬉しい気持ちになれるんですね。

それによって、騎乗位への苦手意識もなくなっていくと思うんです。

 

ですので、もし騎乗位が苦手だな、騎乗位が得意じゃないなと思うのなら、
まずは自分が気持ちよくなることを目指してみてください。

自分がどうやったら騎乗位で気持ちよくなれるかを知ってください。

男性だって、あなたが気持ちよさそうに騎乗位をしている姿を見たいですし、
あなたが騎乗位で感じている姿を見ることで興奮することができるのです。

男性を気持ちよくさせられる騎乗位テクニックを身につけるのは、その後でも大丈夫ですからね!

 

自分が気持ちよくなれる方法を知れば騎乗位が好きになれる

騎乗位が苦手と言っている女性は少なくありません。

でも、そういう女性の多くは、

「男性を気持ちよくしてあげなきゃ」
「男性に喜んでもらいたい」
「男性を感じさせるためにはどう動けばいいんだろう?」

そんな意識で騎乗位をやっている人が非常に多いです。

 

でも、セックスって、何も相手のためにあるわけでもないですし、
相手を喜ばせることが目的なわけでもありません。

自分が気持ちよくなることもとても大事なことなのです。

 

騎乗位で女性が気持ちよくなっていいんです。
騎乗位で自分が気持ちよくなることができれば、もっと騎乗位をするのが楽しくなります。

そのためには、自分の体のことをもっとよく知ることが必要なのです。
自分はどうやったら気持ちよくなれるかを知ることが大切なのです。

 

あなたが気持ちよくなって感じていれば、それを見た男性も嬉しくなるし興奮します。
あなたが騎乗位を楽しむことができれば、相手の男性も楽しい気持ちになることができるのです。

 

相手を気持ちよくさせること、相手が喜ぶように上手に動くことももちろん大切なことです。

でも、もし「上手にできないなぁ」とか、「どうやったら喜んでもらえるかなぁ」と考えすぎて
いまいち騎乗位の苦手意識を払拭できないのであれば、一度自分のための騎乗位をしてみてください!

 

ときには自分が気持ちよくなるためだけの、わがままな騎乗位をしてもイイんですからね!

 

 

ということで、今回は、騎乗位に苦手意識を持つ方へのメッセージ?でした!

実際問題、体力や筋力的な面で騎乗位がいまいち得意になれないって女性も多いとは思うんです。
やっぱり疲れるし、筋力だって使うし、それゆえに上手に動けなかったりもしますからね。

だから、自分は騎乗位が下手だ、上手に腰を動かせない、って苦手な意識を持ってしまったりする。

 

体力的な面は体力をつけるか、それとも経験を重ねてコツを掴むかしかないわけですが、
その前に自分が気持ちよくなるってことをメインに騎乗位を楽しんでみてもいいんじゃないかなと思います。

そうすることによって、騎乗位自体を好きになることができると思いますからね!

セックスって奉仕するためだけの行為ではなく、相手と一緒に自分も楽しむ行為ですから。
あなたも騎乗位で気持ちよくなっていいのです!

 

以上、シゲでした。

 




女性向けアダルトランキングはコチラ

問い合わせお気軽にメールください!
エッチに関して質問や聞きたいことがありましたら、下記ページからお気軽にメールください!

>> ご質問のメールはこちらから

無料メルマガでセックスの男の本音を公開

メールマガジン登録詳細ページ

今すぐメルマガに登録する方は、下記フォームからご登録をお願い致します!
※携帯アドレスまたはhotmailでご登録は、こちらのページの下段にある注意事項をご覧ください。

メールアドレス 

今ならオリジナル『手コキ動画』を無料プレゼント!

男を虜にするためのオススメ教材!

絶対見ておくべき!女性のためのフェラチオテクニック動画教材!

人気AV女優 鷹宮りょうが教える、彼を虜にして離さないフェラテク上達法(動画)

男性をエッチで喜ばせたい、満足させたいと思ったらフェラチオは絶対必要不可欠です。ですから、女性はフェラチオテクニックを学んでください!プロのAV女優がフェラで使っているテクニックを動画で学べる教材。具体的なやり方解説も付いてきます。女性のためのフェラテク上達のための教科書です!オススメ!!

>> 詳細はこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

女性にオススメのセックス教材1

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法

フェラ上手になりたいならコレ!

H上手になるためにはまずはフェラチオ上手になるべき!フェラテクを磨くためにはこれがNo.1教材!

>> 詳細はこちらをクリック

女性にオススメのセックス教材2

大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集

セックステクを全部学びたいならコレ!

キスから手コキ、フェラ、挿入まで、セックスを総合的に学べる!だけでなく、一つ一つにエロさをプラスした上質なテクニックが学べる教材!僕の特典ではこの特典でしか学べないテクニックも教えています!

>> 詳細はこちらをクリック

シゲのオススメ!パートナー探しなら!

大人の出会いから真面目な出会いまで、目的に合わせた出会いを探せるサイトで、使っていて楽しいサイトです!

>> PCMAXはコチラから!

女性にオススメのグッズ!

女性にオススメな最強のアダルトグッズ!Gスポットに吸い付く設計は強烈な快感を得られます!

>> キャスパーについての記事はコチラ!

>> その他グッズはコチラをぜひ見てください!

当サイトの特集コンテンツ

AV女優鷹宮りょうが教えるフェラテク上達法
大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHow To Sex 大全集
Lclove cosmetic How to sex dvd
女性のためのオナニー講座
オススメラブグッズ特集
愛されラブボディ特集

ananやCLASSYでも話題のバストアップDVD

バストアップラボ

美しくて大きな胸は女性の最大のセックスアピール!
ananやCLASSYでも紹介されたバストアップエクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

ananでも紹介!話題の美脚エクササイズ

スリムレッグラボ

細くて美しい美脚を手に入れたいあなたへ!
ananでも話題の美脚エクササイズDVD

>> 詳細はこちらをクリック

大人気!1日5分の簡単ダイエット!

バボディスタ

ananやminaでも紹介された、リンパシリーズDVD第三弾!自宅で5分の簡単ダイエット!

>> 詳細はこちらをクリック

メールお待ちしています!

メールフォーム

質問疑問、聞きたいことがありましたら、こちらのメールフォームからお気軽にメール下さい!

ページ上部へ戻る